校舎ブログ

3/14 別れ【豊中駅西口校】

こんばんは、担任助手の川村です。

 

私事ですが、4月からの就職に伴い

今日で東進の勤務がラストになります。

 

という事で、今回は「別れ」について

想いを巡らせて書こうと思います。

 

春は別れの季節と言いますが

東進であったり、サークルであったり、大学であったり、

親元を離れて一人暮らしをするであったり

幼少期からずっと大阪で育った私にとって

人生の中でも1,2を争う別れの瞬間を迎えようとしています。

 

別れが近づいてきて感じるのが

勿論、さみしいなという気持ちもそうですが

「自分は誰か(もしくはその居場所)にいた価値があったのかな」

という事です。

 

というのも

自分がその場所に存在していた価値がなければ

4年間そこに自分は「いてもいなくても一緒」という事になってしまうと思います。

別れの寂しさもありますが、

もしそうなれば別れ以上にそれが寂しい事なんじゃないかと思います。

 

自分が4年間誰かやその組織に所属している以上、

誰かや組織に影響を与え、何かを残す事こそが

自分の存在価値なんじゃないかと思います。

 

私がこの4年間お世話になった人や組織に

何か価値を与えられたのかは正直わかりません。

(お世話になったと思ってくれている人が一人でもいれば嬉しいですが…!)

 

ただ、まだ高校で頑張っている皆さんは

自分が楽しいだけで終わるのではなく

友達のために何か価値を与える、組織のために価値を与える

といった事を意識してみてください。

 

折角この世に生まれた以上

自分のためだけに生きるのではなく

誰かに何かを残すという生き方を

意識してみるのは大切なんじゃないかなと思います。

 

それでは、

私も社会人として精一杯頑張るので

皆さんも受験勉強や高校生活を頑張ってください!

 

 IMGP5672

東進衛星予備校への資料請求・お問い合わせメールは24時間受付中。