校舎ブログ

センター模試を受験する前にしておくべきこと

こんにちは!阪急池田駅前校の神吉(かんき)です!

センター試験本番レベル模試が3日後の日曜日に迫ってきましたね!!年度が変わって最初のセンター模試で、特に3年生なんかは特に気合が入っていると思います。

というわけで、今日はセンター模試に関するアドバイスを書いていこうと思います!!

模試は復習が大事、もちろん受験すること自体も大事、なんていうのはよく聞く話だと思いますが、受ける前、どのような意識を持って今回の模試を受験するのか、ということを整理しておくこともすごく大切だと思います。

 

すなわち、前回の模試でどういう失敗をしたのか、そしてそれを改善するにはどうすればいいのかということを考えて整理しておくことが大切だと思います

例えば、失敗と改善点としていくつか具体例を挙げてみると、

・数学で計算ミスや凡ミスを連発してしまった

→途中式を問題用紙の空欄になるべくきれいに丁寧に書く。求めた値を方程式に代入してみて等式が成り立つかどうかなど最初の問題はなるべく検算する。

 

・ある大問に時間をかけすぎて時間が足りなかった

→各大問で最高でも20分しか時間をかけない。そのときにまだ途中であっても一旦とばして次の大問へ進む。

 

・英語の長文問題において同じところを何度も読んでしまい、時間が果てしなくかかった

→各段落にどういう内容が書いてあるかを長文を読み進めている時に各段落の横に日本語で短くまとめておく。

 

こういうことは模試を受ける前に意識しておくだけでできることなので、この3日間で少し整理してから臨んでみてください!

東進衛星予備校への資料請求・お問い合わせメールは24時間受付中。