校舎ブログ

2017.05.17(Wed.) 先ず隗より始めよ

先日の勝本さんのブログの冒頭で、

「雨ですね、、このジメジメした感じで気分まで落ち込んできます。はやくカラッとした夏になって欲しいものです。」

とありました。

残念ながらどう頑張っても大阪の夏はジメジメの極致なんだよなあ

というしょーもない戯言をいいつつ

ブログを書き進めていきたいと思います。山崎です。

 

さて、表題に書いた

「先ず隗より始めよ(まずかいよりはじめよ)」

一度くらいは耳にしたことがあるんじゃないかなと思います。

 

ここでの「隗」とは、中国戦国時代の人物、郭隗のことです。

国王から「賢者を得るにはどうすればいいか」と相談された際に

「優れた人物を招きたいのなら、まず隗(=私)よりお始めください。そうすれば私より優秀な人材が自然と集まってくるでしょう。」

と郭隗は答えたといいます。

 

このエピソードから、「先ず隗より始めよ」は

“ある物事、偉業を成し遂げたいのなら、まずは身近なことから始めるのがよい”

という意味をもちます。

 

これは人生の色々なことについても言えますね。

野球ならば、いきなりフリーバッティングやノックじゃなく、まずは素振り・キャッチボール。

世界征服をしたいなら、まずは自分の国をしっかりと治めること(笑)

 

勉強もしかりです。

いきなり応用問題や入試問題を解くのではなくて、まずは基礎の徹底!!

英単語、文法、公式、計算力、古文単語、助動詞etc…

徹底すべき基礎はたくさんあります。

 

よくお城に例えられることですが、

より大きくより高いお城を建てようとするならば、それ相応のしっかりとした基礎・土台が必要です。

土台がしっかりしていなければ、みかけだけ立派にみせても、それはしょせんハリボテ。

ちょっとした風や揺れですぐにつぶれてしまいます。

それと同じで、テクニカルな解法に頼りそれで多少は点数を取れていたとしても、

少し傾向をかえられたときに途端に歯が立たなくなります。

 

高く大きな目標を達成するためには、大きくしっかりとした土台作りを!!

そのためには

先ず隗より始めよ

 

東進衛星予備校への資料請求・お問い合わせメールは24時間受付中。