校舎ブログ

5/26 読書いやほい【豊中駅西口校】

こんにちは!担任助手のです!

昨日体育があったんですが、ストレッチをしただけなのに

全身筋肉痛に見舞われています。老化って怖い。

 

さて、タイトルを見てもらえば若干察しがつくかもしれませんが、

只今峰、テンションが上がっております。

それもそのはず。新しい本を買ったんです!

本っていいですよね! いつでも時間があれば読めますし楽しい!

その上、活字に慣れておくことでセンター試験の小説はもちろん、

論説文や二次の問題への抵抗も少なくなります(あくまで個人の感想です)!

 

そういう訳で、今回は僕から一冊、お勧めの小説を紹介したいと思います。

それが、有川浩さんの県庁おもてなし課」(角川文庫)。

これは高知県の県庁を舞台にした小説で、一度錦戸亮さん主演で映画化もしました。

高知県をPRしよう!と県庁で発足した「おもてなし課」がどのように

高知を魅せていくかが描かれているのですが、

その中に出てくるPR案の出し方がとにかく鮮やかなんです。

頭のおカタい県庁の人に代わって、アイデアのプロたちがどのようにアイデアを出していくのか。

ちょっとものの考え方を変えてくれるかもしれないこの一冊、

勉強の合間にいかがでしょうか?

 

それでは!

 

東進衛星予備校への資料請求・お問い合わせメールは24時間受付中。