東進衛星予備校 京橋駅前校

8/3(月) オープンキャンパスのススメ

ブログをご覧の皆様

 

京橋駅前校です。

最近オープンキャンパスが至る大学で開催されていて夏を感じます。

オープンキャンパスに行ったことが無い、行く予定が無い方は是非一度訪れてみることをお勧めします。

自分の志望校を一度も見ないなんて結構怖いことですよ。

通学にはどれくらいの労力が掛るのか?

学内の雰囲気は好みなのか?

学食はウマイのか?

どれも半日で理解出来てしまう貴重なイベントです。

通常大学構内は一般の方も散歩されていたりとオープンなのはいつでもそうなのですが、学校としてイベントを開催してくれているのはオープンキャンパスと学祭くらいです。

毎年夏はいろんな大学を見学するといいでしょう。

 

私の母校は関西学院大学なのですが、本日行ってきました!という報告を受けました。

なんとなく母校を訪ねてくれる生徒の報告は嬉しいものです。

いろいろ聞きたくなりますよね。

甲東園駅からは徒歩で行ったの?バス?タクシー?この辺りから気になります。

(徒歩には大きく3ルートありどこを通っても健脚な方で15分は掛ります。猛烈な坂で夏はゆでダコのようになります。催促で13分で到着した経験があります。)

(4人以上で行動するならタクシーがお勧めで相乗りすればバスより8分以上早く安く、なおかつ関学が目的地なら必ずワンメーターで到着するなどの豆知識を持っているのが卒業生の強みです。)

(ちなみに私の時代は関学方面のバスは始発でも終発でも絶対に関学前に停車しました。例え乗客が自分一人の場合でもです。停車ボタンを押さなくても停まります。これも豆知識です。ただ今現在そうなのかは分かりませんので悪しからず・・・。)

 

学校主催のプログラム以外で何を見てきたらいい?という質問を良く受けますが、私は学食を食べておいでと良くいいます。

自分がこれから通うことになる大学の「食」のクオリティーはやっぱり体感しておきたいものです。

大体どこの大学も学生食堂やレストランなどがあります。

私が学生自分にオープンキャンパスに行った際は全部回ったものです。

あとは部活動の部室見学もお勧めです。大抵の部活動は部室を見学を受け付けていますし、実際見学に来てくれたら大歓迎されるはずです。

 

いろいろ見どころはありますが、一番良いポイントは「再度志望校へのモチベーションを上げれる」所でしょう。

これからチャンスがあれば是非見学に行きましょう。

 

 

東進衛星予備校 京橋駅前校

TEL:06-6355-5534

FAX:06-6355-5574

8/2(日) 気温と時代の流れの関係

ブログをご覧の皆様

 

京橋駅前校です。

8月に入り気温が上昇したという話がちらほら聞こえてきますね。

個人的に日本の気温について調べたことがあるのですが、昔はもう少し穏やかな温度だったようですね。

考えてみれば当然かと頷けます。

立ち並ぶコンクリートジャングルにアスファルトの地面、車の排気ガスに室外機の風。

なるようになった結果と言えますね。

確かに室内で過ごす分にはもはや季節という概念を感じることなく1年間過ごせます。

その分今の子供たちが室内で遊ぶようになっていると聞いてすこし寂しい気持ちにもなります。

たびたびご紹介しておりますが、私は兵庫県の片田舎出身なので高校時代にも普通に外で遊んでいました。

部活の帰りに皆でお昼ご飯を食べに行き、そのまま神社で鬼ごっこをしていました。

高校生ですから見た目は大人に近いです。

そんな集団が普通に外ではしゃいでいます。今では余り見かけない風景かな・・・と思います。

やっぱりこれも時代の流れなのかなと思います。

そんな私達も昭和や大正時代の先人方がご覧になられたら「もっと外で遊びなさい」と叱責されるのでしょう。

これから先の10年~100年がどうなっているか割と心配しております。

 

科学技術が発達すれば室内環境は快適化し、外に出るのが億劫になり地球の温度も上昇していき室内型の人間へ成長する・・・何事も両立とは難しいものですね。

内部生にはこの時期こういった指導を行います。

「精一杯勉強しなさい。愚痴が出るほど。あとは精一杯遊びなさい。両方欠けることなく両立させなさい。」

やはり高校生は「勉強+部活+自習+私生活+東進での受験学習」全部両立させる必要があります。

全部目一杯やろうと思ったら相当な苦労になります。

でもそれぐらいしてこそ結果が付いてくるし、前向きになれると言うものでしょう。

 

 

 

 

東進衛星予備校 京橋駅前校

TEL:06-6355-5534

FAX:06-6355-5574

7/31(金) センター試験本番レベル模試 近づく

ブログをご覧の皆様

 

京橋駅前校です。

来る23日(日) ついに8月センター試験本番レベル模試が実施されます。

受験生はこの模試が志望校判定の重要な素材となり、1~2年生は夏の成果を確認する大切な模擬試験となります。

皆様意識を高く23日(日)に向かっていることかと思います。

 

こういう時期だからこそ基礎は逃さないように。

英語でいうと単語 熟語 文法。

数学でいうと公式 基本問題の解き方。

国語で言うと漢字 古典文法 句法 単語。

などなど・・・受験生に於いては9月以降の学習は発展に取り組む為基礎は今だからこそ充実すべきです。

1~2年生はこの夏取り組んだことの成果を発揮出来たか、基礎で漏れている箇所はないかを知るチャンス。

どの学年においても8月の模擬試験はとても重要です。

真剣に取り組む程収穫は多いはずなので今から何を目標に模試に挑むのかを明確にしましょう。

受験生は十人十色と言った所でしょう。1~2年生はまず英語の単語熟語力が伸びているか確認するにはいい素材です。

今から3週間は試験に向けた対策に取り組んで下さい。

そしてブログをご覧になられている一般の方もチャレンジしてみて下さい。

東進のHPにてお申し込み可能となっております。

お申込み申請後追って校舎よりご連絡差し上げます。

 

この夏は自分にとって実りある夏だったのか?

この模擬試験にぶつけてみましょう。

⇒8月23日(日)実施 センター試験本番レベル模試 申込ページ

 

 

東進衛星予備校 京橋駅前校

TEL:06-6355-5534

FAX:06-6355-5574

7/30(木) 雨にも負けず

ブログをご覧の皆様

 

京橋駅前校です。

タイトルはかの有名なあの方の言葉です。

最近夕立が多いですね。少し悩まされます。

しかも風景は晴れなのにザザ降りなことが多いですね。地球にはまだまだ不思議なことが多くありますね。

 

せっかくタイトルが文学的なのでおすすめの本の紹介でもしようかなと思います。

受験とか受験じゃないとか問わず本を読む習慣をつけるのはとてもいいことです。

結局現代文が解けないことが多いのは普段読書をあまりしない=考える習慣がついていないことが原因だと思います。

とっかかりとして面白い本を一つご紹介しようと思います。

私が大学生の頃よく読んでいた作者さんに「伊坂幸太郎さん」という方がいます。

どの作品も膨大なフラグを立てながら進んでいき最終的にすべてが一本に繋がる爽快感を持つ作品です。

しかもシリーズを毎作読み続けている人のみが分かる小ネタもよく仕込まれています。

たとえば前作の主人公がとある交差点を急ぎ渡っていた、その時香水のきつい黒い服を着た男とすれ違う、みたいな描写があったとします。

その後の作品で黒服の男が主人公として登場し、「何があったか知りたいほど急ぎ交差点を走り抜ける男がいた」みたいな描写で描かれたりします。

これがシリーズを順番に読み続けている人にはニヤリとするポイントです。あぁあのシーンか!という感動を得ます。

しかも前作の人物の行動がストーリーに重要な影響を及ぼしていたりとワクワクが止まることなく読み続けることができます。

現代文が嫌い、苦手な方にはおすすめです。

文章が嫌い!という感覚は多少なりともなくせるかなと思います。

おすすめは「ラッシュライフ」「陽気なギャングが世界を回す」です。

あとは時代小説なんかもおすすめですね。司馬遼太郎さんはとても良いかと思います。

「燃えよ剣」「最後の将軍」「人切り以蔵」なんかは面白かったです。

活字にある程度の免疫がある方はおすすめいたします。

 

まだまだ私は京橋駅前校の中でも読書経験が浅い部類なのでこれから頑張ろう・・・というところです。

暑い夏に涼しい場所でたくさん読書。これもまた良いものです。

 

 

 

東進衛星予備校 京橋駅前校

TEL:06-6355-5534

FAX:06-6355-5574

7/29(水) 大学の定期考査

ブログをご覧の皆様

 

京橋駅前校です。

最近各校舎の担任助手が大学の試験期間中で奮闘しています。

東進生の目標はあくまで「大学合格後その後の人生」と良く話をします。

なので大学の学習を疎かにしてその後の就活などを曇らせる訳にはいきません。

ここで少し大学の試験ってどんなの!?という情報を分かる範囲でお伝えしようかなと思います。

 

大学の評価基準は概ね2つに分別されます。

「レポート評価」と「試験評価」です。

レポートはそのまま提出物の出来で判断されるものですね。

試験も同じです。

この二つに「出席点」等が加味されることもあります。

 

私は法学部出身です。法学部だとどの大学でもそうかと思いますがほぼ「試験評価」です。

じゃあ試験内容はどんな感じ?というと・・・

ほぼほぼ記述式です。マークや選択はあんまりなかったと記憶しております。

A3ぐらいの試験用紙に氏名欄と学籍番号欄が上部にちょちょっとあり、あとは問題文が何行か書かれているだけであとはほとんど白紙です。

「○○さんが○○なとき、どんな罪状に当たるかあなたの考えを述べなさい」

といった具合です。判例や教授作成のダミー事例を元に問題が作成されています。

自分の考察を記述するという形式が多いです。

1シーズンの授業内で膨大な判例や事例を学び、その中から教授の任意で問題が作られるのでヤマを張るのが相当に難しく、結局全範囲学習をしないといけません。

民法・・・刑法・・・刑事訴訟法・・・行政法・・・・憲法・・・知的財産法・・・

ほぼなくなってしまった知識を総動員して書いていますが、一つのシーズンでこんなにたくさんの分野をこれまた掘り下げて学習します。気が遠くなりますね。

その分「これはやったった」と思えるくらいバッチリな解答が書けた時は自分は法律家にでもなれるんじゃないかと思うこともあります。ささやかな喜びです。

これだけ範囲が広範にわたるのでそれこそ試験1週間前などは受験勉強と変わらない学習量が普通に必要です。

まあ当たり前の話です、専門的知識を養成する最高学府な訳ですから。

どこの学部でもそうですが、試験期間中の学生は相当専門的知識を有する集団になっています。笑

なかなか普段から学習に取り組めていない生徒は阿鼻叫喚、試験期間中は出来る生徒からレジュメを借りコピー機の前に行列を作ります。

そういう生徒を尻目にコツコツ型の学生は優秀な成績を残し大学から認められ、大学主催の学生プログラム(留学etc)に参加します。

やはり高校受験で培った努力の力はここでも生きてきます。

ただ残念なことに受験から解放された大多数は易きに流れていきます。

このブログをご覧の皆様はそういったことが無いように常々自分の将来設計を考えながら生活して欲しいな・・・と思っています。

 

 

 

東進衛星予備校 京橋駅前校

TEL:06-6355-5534

FAX:06-6355-5574

7/28(火) 野球部指導HR 実施

 ブログをご覧の皆様

 

京橋駅前校です。

先日27日(月)に表題通り野球部引退後の合格指導HRを実施しました。

全員野球部で先程まで活動していたもの同士和気藹々とした雰囲気の中会を進めることが出来ました。

そして指導者側に京橋駅前校OBの松田くんと金子くんをお招きし、引退後の学習方法を指南して頂きました。

二人とも自分の経験を踏まえ聞きごたえのある話をしてくれました!

両者共通することとしてやっぱりこの夏の頑張りは本気も本気、8月の模試で結果が出ていることでしょうか。

あとはいつでも強気で勉強し、自分に自信を持っていたことも大切だったなあと思います。

個人的には夏のメンタルは今後の受験人生を左右するほどのものと言っても過言ではないと考えています。

実際よくあるパターンとして追いこみを掛ける為に限界を超えたスケジュールを立て、「自分はやり切るのだ!」と意気込むもののその日では達成できず落ち込んでしまうというパターンがとても多いです。

一科目に時間を掛け過ぎたことによるズレが大きいのかなと思うのですが。

そういう時は逆に自信を持とう!とよく言います。

「ちょっと時間を掛けてしまったが結局は自分の為だ!必要なことなんだ!」と上手く自分の中に落とし込むのです。

すると明日以降はもっと上手くやろう!と勇気が湧きます。

こういったメンタルは本当に大切です。

夏で自分に自信を付けておくと秋冬でうろたえることはないのです。

野球部引退後で不安な生徒が多かったようですが、会を終えて勇気が湧いたという生徒の声が多く良かったなあと思っているところです。

今後もがんばれ!受験生!

 

※おまけ※

野球部イベント写真2枚

左 開始前の写真です。左手前2名が卒業生です

右 終了時です。野球部っぽい写真を撮ろう!というコンセプトで撮影しました。

DSCF7356DSCF7357

 

 

 

 

 

東進衛星予備校 京橋駅前校

TEL:06-6355-5534

FAX:06-6355-5574

7/27(月) 本日開催!野球部引退後支援イベント!

無題ブログをご覧の皆様

 

京橋駅前校です。

ついに本日開催となります。

【恒例!】野球部引退後学習応援イベント

~野球部による野球部の為の・・・合格指導HR!~

 

毎年京橋駅前校ではこの時期野球部を引退したての生徒を対象に合格指導HRを実施しております。

野球に真剣に打ち込み引退したての生徒においては、今後の学習の方針が立っていない生徒が多いようです。

その中で実際に難関大に現役合格した京橋駅前校OBを校舎に招待し、今後の学習指導を行います!

OBのみんなも様々な苦労を経験しているので今後の為になること間違いなしです。

特に野球部に所属している生徒は忍耐力が強いイメージがあります。

引退後は駆け抜けるように学習を続けてくれます。

その中で正しい方向への努力、価値観を得てくれたらなと思いこのイベントを実施します。

 

当日参加勿論OK!

また、早くから先輩の受験経験談を聞きたい!という1~2年生も大歓迎!!

是非共京橋駅前校へお越しください。

 

会場:東進衛星予備校 京橋駅前校 4Fフロントにて受付

時刻:18:30開始

住所:都島区 東野田町 2-5-1-4F

 

 

 

東進衛星予備校 京橋駅前校

TEL:06-6355-5534

FAX:06-6355-5574

7/26(日) 日付は大事

ブログをご覧を皆様

 

京橋駅前校です。

タイトルにありますが、日付を知るって言うのは大切です。

私どもシフト制で業務を分担しておりますので、今日は何曜日やっけ?というのが頻繁にあります。

職業病とでも言いますか。

なかなか日時を把握するのが難しいです。

受験生に時間管理の話をし続けている中でこの話をすると説得力に欠ける気もしますが・・・笑

 

こういった日時管理不足による弊害は実際の生活にもあります。

例えば、朝から仕事をしている時など昼食時によくコムズガーデンという目の前の施設にいくのですが、土日はお昼のサービスセットをやっていないんですね。

それを知らずに足を運び良く後悔します。

「あっ今日休日やん!」

と言った感じで・・・。そうすると結構割高な食事に手を出すしかなくなります。

財布の中が常に貧窮状態な私には厳しい値段(1食1000円オーバー)になります。

泣く泣く松屋へ行くのです。

人生は上手くいきませんね。

 

受験生に置いては良く模試の日を勘違いしている生徒が見受けられますが、これも日時管理の大切さと繋がっています。

模試なのでなんとかなる場合もありますが、これが受験本番なら間違いなく不合格です。

結構気軽に模試を受ける生徒が多い気がしますが、1回1回の大切さに気がつかないようではだめですよ。

 

すみません、自分自身曜日感覚が甘いなかでのこの説教、大きなお世話かもしれませんね。

これからは私自身日時感覚を高めて参ります。

 

それはそうと明日はついに野球部引退生の為合格指導ホームルームです。

毎年盛り上がるこのイベント、今年も運営指揮に携われること非常に楽しみにしております。

演者も決まりました。大学は丁度試験中なのですがスケジュールをかいくぐって参加してくれます。

楽しみにしていて下さい。

 

 

東進衛星予備校 京橋駅前校

TEL:06-6355-5534

FAX:06-6355-5574

7/24(金) 天網恢恢疎にして漏らさず

ブログをご覧の皆様

 

京橋駅前校です。

故事成語から学ぶことって多いですよね。

いきなりで意味不明!って思いますよね。

意味は「どんな小さな悪事でも天は逃さない」という意味です。

「てんもう かいかい そにして もらさず」と読みます。

受験勉強に置き換えて考えてみましょう。

受験勉強における悪事って?

仮に「時間的怠慢」を悪事としましょう。

 

勉強時間は予備校であれば大きく管理はされます。

学校でも同じです。

我々で言う所「学校と同じ時間帯の生活に起床しなさい」と言うことを義務づけています。

ところが勿論これは本音建前入り混じる箇所で、実際に9時ぴったりに登校できないこともあるでしょう。

人間ですから。

ただそれを「悪事」と置き換えるならばもちろん起床時間の管理なんて自分次第、親になにを言われても担任に何を言われても「すいませ~ん」で通すことは可能です。

ただ、結局のところ合格に必要な総学習量はみるみる削られている訳です。

センター試験という締め切りまでに必要な得点に足りなければそれは「志望校変更」を意味します。

誰に見られるわけでもない箇所でも人生って結構左右されているんですよね。

そういうときにこの言葉を戒めにして欲しいなと思っております。

 

 

 

 

東進衛星予備校 京橋駅前校

TEL:06-6355-5534

FAX:06-6355-5574

7/23(木) 【京橋駅前校】毎年恒例! 野球部特別指導HR!

無題ブログをご覧の皆様

 

京橋駅前校です。

今年もこの季節がやってまいりました。

 

野球部の高校生たちが夏の激闘を終え、徐々に世代交代していくこの時期。

受験勉強を始めようかと思うのだが何をしていいのか分からない。

そういった野球生を救う為のイベント”野球部による野球部の為の・・・合格指導HR!”を実施します。

京橋駅前校を卒業した野球部の生徒に自らの切り替えや勉強内容などを具体的に指導して貰う講演会形式のイベントになっております。

折角今さっきまで野球を続けてきた子達のイベントなので、現役生も何らかの形で参加出来る参加型イベントにしたいなあ・・・とは考えています。

去年もかなり盛り上がりました!特に質疑応答の場面では質問が飛び交いかなり受験勉強への熱は増え、その後東進で受験勉強を始める生徒が多くいました。

お問い合わせお待ちしております。

 

開催日

7月27日(月) 18:30~

京橋駅前校 4階フロントにて受付

 

 

 

 

 

東進衛星予備校 京橋駅前校

TEL:06-6355-5534

FAX:06-6355-5574

1 / 1312345...10...最後 »
東進衛星予備校への資料請求・お問い合わせメールは24時間受付中。