東進衛星予備校 天満橋OMM校

雨多すぎやわ~[10/19]

どうも、こんにちは!!

緑地公園駅ビル校の担任助手の岩峰です(゜o゜)

今日は天満橋OMM校にお邪魔してます。

この校舎は大手前校生が多くて、休憩時間中も同学年の子たちと集まって楽しそうに話しながら、ご飯とか食べてました。

仲良さそうな感じはめちゃくちゃ伝わってきたんですけど、その分、他校舎の僕からするとアウェイ感が(笑)

流石だなと思ったのは、休憩時間と勉強時間のメリハリです。

授業開始のチャイムが鳴ると、楽しそうに話してたのに途端に教室に入っていきました(ー_ー)!!

 

さて話は最近の話になりますが、とにかくが多いですよね。

モチベが上がりません。

学校に行きたくなくなる、とにかく良いことがありません(笑)

自分の受験時代、とにかく持っていけるだけ教科書やら参考書やら持って行って、雨でカバン濡れて、中のもの濡れるとかよくありました。

テキストも例外ではなく、濡れてました(@_@)

やけど、今そのテキスト達を見ると、色んなことを思い出せます。

まあよくもしわくちゃになるまでよく頑張ってくれたなと思います。

おかげで中々捨てられずに自分の周りのスペースを圧迫してるのは確かですが…。

受験期には燃やしたいとすら思わされたテキストが今は恋しいので、自分は単純な奴だなと思いました(笑)

 

こうしてみると受験の経験や学んだことは無駄にはならないと聞きますが、納得できますね。

今こそつらい時期だとは思いますが、こう思いながら勉強すると少しは気が紛れるかも…。

受験生はセンター試験まで90日を切ったわけですが、最後まで駆け抜けてほしいです!!

ブログお久ぶりです

こんばんわ、担任助手の石井です!

ブログ担当久しぶりだったんで、ついつい。タイトルにお久しぶりとしてしまいました。

何話しましょうか。あ、ちょうど今日ロマンチックな話を聞いたんですけど、その話をしますね。別に誰から聞いたかは言いませんからね。

宇宙の話なんですが。宇宙ってビッグバンから生まれたわけじゃないですか?

実はビッグバンって5mmだったらしいですよ。一番最初は5mmでそれが一気にぼわっと大きくなって、でっかいでっかい太陽系を作って、っていうか数えきれないほどの銀河系を作って。

さらにさらに。宇宙の温度って何度か知ってますか?絶対零度がー173ケルビンなんでしたっけ?あってますかね。んでもって宇宙の温度はー170ケルビンらしいんですよ。

で、ここで疑問に残るのがなんで宇宙は絶対零度から3ケルビン分暖かいかっていうことなんですけど。。。。。。。実は、ビッグバンの時に生じた熱がまだ3ケルビンも残ってるらしいです

 

え、えぐないですか?

俺だけですかね、結構すごいなって驚いてるの。いや聞いたときふーんそうなんやって思ったんですけど、いやよう考えてみたらすごいなおいって思って。

だってビッグバンって137億年前に起こった出来事なんですよ。それが137億の年月を経てもまだ3ケルビン残ってるって。いや、、、、、なんとなくロマンチックな気がしました。

まあ、誰に聞いたかは言わないんですけど。すごい嬉しそうな顔ですごくないですか!?って言われたらもう、いやもうめっちゃすごいねっ!って気分にこっちまでなって。宇宙の神秘さとかミステリアスさとか

なんだかそんなものを少し垣間見たような気がしました。笑

 

良い話を聞かせてくれたお二人さん、ありがとうございました。ぺこり。

勉強頑張って下さいね。

1015_今日の開校は20:30までです。

みなさまこんばんは。

いつも爽やかOMM校

担任助手のナガタでございます。

 

標題に記載しております通り、

本日天満橋OMM校は校舎の所要の為20:30までの開校となります。

生徒の皆様、本当に申し訳ありませんが、20:30までです。

ナガタサン22:00まで校舎を守ればええやないか~!というあなたも、20:30までです。今日は20:30までしか校舎を守れない体です。

本当に申し訳ない。改めてお詫び申し上げますとともに、念のためお知らせしておきます。(只今19:28)

 

さて、普段22時などまで頑張ってるみなさんからしたら、普段より早めに家に着くことになります。

みなさんは早めに家に帰った時、どんな風に過ごしていますか?

僕も普段朝から夜遅くまで研究室にこもり、21~23時頃に帰宅する生活を送っていますが

最近健康が気になるお年頃なので、

たまに早く帰った時には、最近適度な運動と称してストレッチなどをしております。いやいやまじで

パソコンスマホが生活の必需品となってしまった現代人の我々は、

同じ姿勢を取り続けたり首の角度がよろしくなかったりして、知らぬ間に体に負荷がかかってるんですよ。いやいやまじで

ぼくも肩や首回りがこってしまうことがあるで、家に帰って時間があるときはじっくり首肩をこねこねこねくり回してます。

東進にいるとどうしても長時間同じ姿勢をとったり画面を眺めたりが多いですよね。

たまには体に気を使いつつ、勉強頑張るのがよかですよ。

 

というわけで、そろそろ20:30ですよ!帰宅の準備をば。

 

 

SWOT分析

担任助手の真木です。
そろそろネタが尽きてきたんで普通のブログに戻ります。

ところで、SWOT分析をご存知ですか?
経営学で出てくる言葉だと思うんですけど、
(文系)就職したら研修とかで教わると思います。

経営学をやっているわけでもないし、一般教養でもそんな講義取っていないので
詳しく実例などを知りたい方は
立命館大学経営学部の石井君
か社会人の山下さんに聞いてください。

さて、SWOT分析を軽く説明すると、
企業や自治体などが中長期の戦略を策定する際に利用する主要な環境分析の手法です。
SWOTは何の頭文字かというと、
S…Strengths; その組織の内部環境(資源・能力)が持つ強み
W…Weaknesses; その組織の内部環境(資源・能力)が持つ弱み
O…Opportunities; 組織をとりまく外部環境に潜む機会
T…Threats; 組織をとりまく外部環境に潜む脅威
なんです。

OとTを検討した上で、SとWを評価し、
外部環境(統制困難/受け入れざるを得ない)と内部資源(統制容易/主体的に解決できる)
が適合する実践性の高い戦略を導くものです。

経営学では、経営体と経営(外部)環境を区別し、
内は自分でコントロールできるもの、外には従い形態の適応をするものとします。

なんでこんな話をしているかというと、
勉強でも似たようなことがいえると思うからです。

的確な意思決定にはまず、「知る」ことが大切です。
知ったうえで、強みを活かし、弱みを克服し、機会を利用し、脅威を取り除くのです。

自分の置かれた外部環境
(東進が朝から開いている、朝からおもしろい番組がやっている、入試問題が難しい、など)を把握し、
自分自身を強み・弱み
(科目の好き・嫌い、得意・不得意、家で集中力がある・ない、など)を活かし、
合格に向けて頑張っていきましょう。

それと、今受験生は過去問演習をしていますが、過去問は日本の受験においては二度と出ない問題です。
でもそれをやるのは、入試問題傾向を把握するとともに、
自分の得手・不得手を把握して、勉強を効率的に行うためです。
そのことを肝に銘じて頑張っていきましょう。

闇雲に頑張って量が多いからと挫折するのではなく、状況を知り計画を立てて勉強しましょう。
Festina Lente. ゆっくり急げ。

歌詞の力

どうも、担任助手の田中です。僕がブログを書かないうちに真木さんが作り出した長文の流れに驚いています。よくみんなこんなに思いつくな~と過去のラインナップを見ながら思っていました。(いずみんは拳で反抗するらしいです)

さて、僕は何を書こうかと思案しました。その結果、、、自分の好きなアーティストの歌詞でも抜粋しようかと思います!

好きなアーティストは何人もいるんですが、その中でも1番好きなアーティストはGReeeeNさんです!小学6年生からファンで先日は初めてライブに行って感動のあまり涙を流しそうになりました。

そんな僕が尊敬し愛してやまないGReeeeNさんの好きな歌詞ランキングを(特に受験生に向けて)発表します!

 

第3位は、、、「悲しいときは枯れるまで泣き 嬉しいときは腹抱えて笑い 切ないときは風を感じて 高く飛べる日を待てばいい」です。これは『刹那』という曲の一節です。そうなんです。受験期だからといって自分の感情を抑える必要はないんです。むしろ素直なほうが自分の精神状態が楽になります。そして悔しさ、嬉しさを生かして高く飛べる日を信じて頑張ればいいんです!

 

第2位は、、、「今君だけにできる形で大きな花を咲かせてやれ」です。これは『花唄』という曲のサビの一節です。別に誰かが求める花を咲かせる必要はないんです。自分が求めて納得した形の花を咲かせればいいんです。そうして咲かせた花は美しいかどうかは別にして輝いているはずです。

 

そして栄えある第1位は、、、「誰しも僕ら人生は一度 正しい道か誰もわからないけど きっと人生はそんなところ 大事な気持ち見失わずに行こう」です。これはメジャーデビュー曲の『道』にある一節です。自分が正しい道を歩んでるかどうかなんて誰にもわかりません。けれど自分のなかにあるこれだけは譲れないっていう気持ちを見失わなければ案外胸を張れる生き方になり得るんです。みんなの受験に対する気持ちはそれぞれ違うと思います。しかもそれを持ち続けることは大変です。でも持ち続けることができた人が良い結果を残せると信じています。

 

センターまで100日をきりました。今まで頑張ってきた人は今まで通りに、今まで少し頑張れなかった~って思っている人は今までできなかった分を取り返せるように頑張りましょう!

長文の流れで

こんにちは。

担任助手の福田です。

最近OMM校のブログで長文の流れがきてるみたいですね。

真木くんの文章は手元に何も置かずに書いたのでしょうか、すごすぎですね!恐ろしい子!

 

さてさて、私はこの長文の流れに少し乗ってみたいと思います。

最近私は生まれて初めてバイクでスリップし、生まれて初めて救急車で病院に運ばれました。

顔やら足やら左半身が血だらけになって、そのときは、ああ、わたし死ぬの?と思いましたが

幸い骨が折れたり、というレベルの怪我はなく、こうしてだいたい3週間ぶりくらいにバイトに復帰してブログを書いています。

東進のみなさま、ご迷惑おかけしてごめんなさい。そしてありがとうございました!

最近の医療の進歩は本当にすごくて、瘡蓋をつくらない治療のおかげでほとんどの傷がきれいに塞がり、

残すは足首のみ!という状態までなりました。

たった2、3週間でここまでもとの状態に戻ったのがすごいです。

沢山睡眠をとり、お母さんがサプリやら食べ物やらずいぶん気を使ってくれたこともありますが、

人間って文字通り日々生まれ変わってるんだな、と実感しました。

細胞レベルの話になると

・皮膚は 28日
・胃腸は 40日
・血液は 127日
・骨は  200日
・肝臓・腎臓は 200日

サイクルで細胞は総入れ替わりするという説があるそうです。

毎日すこしずつ更新されているわけですね。

また、分子レベルの話になると、あらゆる分子が常に入れ変わりながら流れており、

ユダヤ人科学者ルドルフ・シェーンハイマーによると「生命とは動的平衡にある流れである」のだそうです。

難しいけど、おもしろい話だったので興味があるひとはぜひ調べてみてください!

きっと毎日の少しの積み重ねのちがいで、その後ぜんぜん違う人間になっていくのだろうなと感じました。

 

生まれ変わるなら、生きてるうちに!です。

ちょっとずつでもいいから、毎日自分をアップデートしたいな、と思いました!

それが積み重なって、別人のようにものすごく遠くまでいけるようになるのではないかと思います。

食べるもの、やること、見ること、いろいろと気を付けたいです。

一番気を付けるべきなのはバイクの運転なのですが。笑

 

もう乗るな!言われるかと思いきや、

お父さんは「左ブレーキやな、左ブレーキ大事!!!」としきりに言っていました。

左ブレーキを意識しつつ、本当に気を付けて乗ろうと思います。

CRISPR/Cas9

こんにちは、担任助手の真木です。
最近文系寄りの内容でずっと書いていたので、
そろそろお前は本当に理系なのかと突っ込みをもらいそうということで、
今回は科学の話題です!

ノーベル賞が発表されましたが、今後ノーベル賞を取りそうな技術についてです。

皆さん「クリスパー・キャスナイン(CRISPR/Cas9)」ってご存知ですか?
生物選択の人は知っていたりするのでしょうか?

ここ十数年の生命科学分野における大きな発見は、
個人的に「iPS細胞」「クリスパー・キャスナイン」だと思います。
もちろんその前段階のゲノム解読技術とその向上も大きいですが。

iPS細胞はさすがに皆さんご存知ですよね。
京都大学再生医科学研究所教授であった山中伸弥教授
“Induced Pluripotent Stem Cell”の頭文字です。
2006年に発表された人工多能性幹細胞で、2007年に人間の細胞での作製が発表され、
再生医療分野や新薬開発において重要な役割を果たしています。
山中伸弥教授は2012年のノーベル生理学・医学賞を、
ES細胞やiPS細胞のもととなるクローン技術の開発ジョン・ガードン教授と共同受賞されました。
iPS細胞より前にES細胞が開発されていましたが、受精卵を用いるという倫理的問題が存在していました。
しかし、iPS細胞は体細胞から比較的容易に再現性高くリプログラミングできるのです。
また、自分自身の体細胞から作った場合は拒絶反応は起こりません。
他に「腫瘍が形成されるのではないか、という懸念がありました」(※1)が、
「大幅に安全性を高めることに成功しています。」(※1)
(※1)京都大学iPS細胞研究所ホームページ(http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/faq/faq_ips.html) 2017/10/9アクセス

しかし、自分のiPS細胞を作るには現在何千万とかかり、そのままでは富裕層しか使えない技術になります。
ある程度種類を作ってストックしておくにしても、「HLA」という免疫に関するタイプが何万種類もあるので難しいです。
そこで、拒絶反応があまり起こらない特殊なタイプの方のiPS細胞を作り、
それをいつでも使えるようにする計画が進んでいるそうです。


さて、本題の「クリスパー・キャスナイン」に入ります。
これは、ゲノム編集技術の一つ(他には、ZFNやTALENなど)になります。
この技術によりDNAの狙った部分を切断することができます。
それまでの遺伝子組み換え技術では、ウイルスなどを用い遺伝子を導入するのですが、入る位置が運任せのため、
効率がとても悪く、目的のものが得られるのに相当な労力と時間を要しました。
さらに、高等生物になるほど難しくなりました。
しかし、この技術は効率よく容易にDNAを2本鎖開裂できます。
さらに、CRISPR-Cas9はZFNやTALENに比べ効率がよく、とても簡便なのです。

また、切断されたDNAは非相同末端連結(NHEJ)相同組換え(HDR)で修復されます。

非相同末端連結で修復される場合、前後数bp(base pair; 塩基対)が欠損するので、
結果として、例えばなんらかの病気を発現する遺伝子を除去できます。

切断されたDNAが相同組換え修復される場合を利用すると、
逆になんらかの遺伝子を導入することができます。

この技術を受精卵に適応すると子孫にその影響を残せますが、
ヒトに関しては倫理上の問題から行わないことになると思います。
遺伝子疾患についてどう考えるかの議論はあると思いますが。。。

ただ、自分の体細胞(e.g. 免疫細胞)に変異を与え、それを戻すことは治療として行われることになるでしょう。
これにより、HIVの治療が大きく変わるかもしれません。

なお、この技術にはオフターゲット変異と呼ばれる問題が付きまといます。
簡単に言えば、標的以外のbpに変異を与えてしまうかもしれないということです。
そのため、作成後の精密なスクリーニングは依然必須です。

万が一受精卵に適応する場合には、このオフターゲット変異があれば
子孫に予期しない変異が加わってしまうことになり大変危険です。


この技術がどのように活かされていくかについて、
独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター ライフサイエンス・臨床医学ユニットの調査報告書『ゲノム編集技術』(2015.3) pp.11-12
(2015.4から法人名称が国立研究開発法人となっています。)
から引用(改行位置は改編しています)します。

<応用研究(創薬)>
 近年、新薬の開発成功率低下が大きな問題となっている。
その解決のためには、疾患のターゲットを分子レベルでしっかりバリデートすることが重要であり、
そのためにもヒトの病態を反映したモデル細胞、モデル動物の作成が求められる。
これまでの技術では、それらのモデル系の構築に長い年月を要し、複数遺伝子の同時改変は極めて困難であった。
ゲノム編集技術を用いることで、短時間で多くのモデル系を構築することが可能となり、
また複数の遺伝子を同時に改変可能となるなど、創薬加速へのインパクトは極めて大きい。

<応用研究(再生医療)>
 ゲノム編集技術は、iPS細胞のゲノム配列を迅速かつ正確に改変できる革新的な技術である。
特に、疾患モデル細胞の作製や、患者由来の細胞から作製したiPS細胞に対する遺伝子修復法については、
ゲノム編集技術への期待は大きいと考えられる。

<応用研究(農水畜産)>
 ゲノム編集技術は、従来の手法では標的遺伝子の改変が困難であった農水畜産物においても有効である。
ただし、ゲノム編集技術を農水畜産へ活用していく場合、十分な議論とルール作りが必要である。
まず、将来的にはゲノム編集技術によって作出された作物が海外から入ってくる可能性があることから、
ゲノム編集技術を用いて作出した品種と、既存の品種改良法(化学変異原や放射線、重イオンビームを用いた変異誘発)により作出した品種との違いなどを化学的に検証し、安全性に関するエビデンスの蓄積が課題である。
また、それら科学的エビデンスに基づいて、国民へリスクとベネフィットについて正しく伝えていく取り組みが非常に重要である。

これから生命科学分野とその研究を用いた創薬・医療・農水畜産技術の研究から目が離せません!

 

*********************************************************
<引用文献>
京都大学iPS細胞研究所ホームページ(http://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/faq/faq_ips.html) 2017/10/9アクセス
独立行政法人科学技術振興機構研究開発戦略センター ライフサイエンス・臨床医学ユニットの調査報告書『ゲノム編集技術』(2015.3) pp.11-12

1008_戻りました

みなさまこんにちは

いつも爽やかOMM校

担任助手のナガタソースケさんでございます。

久しぶりですね~超久しぶりですね~~

(久しぶり感の無い生徒の皆様は当校の2016年4月30日のブログを参照することを強くお勧めいたします)

 

ざっと一年半ぶりに校舎に戻ってまいりました!

これからたま~に校舎に現れて、高校生の皆様の志望校合格に向けて、少なからずお手伝いをさせていただこうと思う所存です。

毎週だいたい日曜日はナガタソースケさんが現れる日ということで、どうぞみなさま、よろしくお願いします。

 

「放蕩息子」のたとえ(ルカによる福音書15章11節~32節)

こんにちは、担任助手の真木です。
SWOT分析について短く書こうかと思ったのですが、泉が熱出して代わった分時間があるので、
今回は「『放蕩息子』のたとえ」について書こうと思います。
どうでもいいんですけど、最近えらく長くなってしまって、ごまかすために全体的に文字の大きさ小さくしてるんです。読みにくかったらごめんなさい。

いつもの通り、皆さんをキリスト教に改宗させる気はありませんし、そもそも私はキリスト教徒ではありません。
教養として知っていた方が良いと思うので、そんな感じで読んでください。
聖書の引用は、手元にあった、日本聖書協会の新共同訳に依ります。
基本知識はこちら

「『放蕩息子』のたとえ」は最も有名なたとえ話かもしれません。
聖書の中ではもっとも長いたとえ話かもしれません(正確なところはわかりませんが)。
Wikipediaによると、
「完全なる小品、短編物語中の最高傑作、福音書の中の真珠」とも言われるそうです。
さすがにこのたとえ話を知らないと、世界で仕事をしたい人は恥をかくかもしれません。
(仏教徒を名乗るなら、まずはもちろん仏教のことを知らないとなりませんが。)


では早速、たとえ話に入りましょうか。

また、イエスは言われた。

「ある人に息子が二人いた。
弟の方が父親に、『お父さん、わたしが頂くことになっている財産の分け前をください』と言った。
それで、父親は財産を二人に分けてやった。
何日もたたないうちに、下の息子は全部を金に換えて、
遠い国に旅立ち、そこで放蕩の限りを尽くして、財産を無駄使いしてしまった。
何もかも使い果たしたとき、その地方にひどい飢饉が起こって、彼は食べるにも困り始めた。
それで、その地方に住むある人のところに身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって豚の世話をさせた。
彼は豚の食べるいなご豆を食べてでも腹を満たしたかったが、食べ物をくれる人はだれもいなかった。
そこで、彼は我に返って言った。
『父のところでは、あんなに大勢の雇い人に、有り余るほどパンがあるのに、
わたしはここで飢え死にしそうだ。ここをたち、父のところに行って言おう。
「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。
もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください」と。』
そして、彼はそこをたち、父親のもとに行った。
ところが、まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、憐れに思い、走り寄って首を抱き、接吻した。
息子は言った。『お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。』
しかし、父親は僕たちに言った。
『急いでいちばん良い服を持って来て、この子に着せ、手に指輪をはめてやり、足に履物を履かせなさい。
それから、肥えた子牛を連れて来て屠りなさい。食べて祝おう。この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだ。』
そして、祝宴を始めた。
ところで、兄の方は畑にいたが、家の近くに来ると、音楽や踊りのざわめきが聞こえてきた。
そこで、僕の一人を呼んで、これはいったい何事かと尋ねた。
僕は言った。『弟さんが帰って来られました。無事な姿で迎えたというので、お父上が肥えた子牛を屠られたのです。』
兄は怒って家に入ろうとはせず、父親が出て来てなだめた。
しかし、兄は父親に言った。
『このとおり、わたしは何年もお父さんに仕えています。言いつけに背いたことは一度もありません。
それなのに、わたしが友達と宴会をするために、子山羊一匹すらくれなかったではありませんか。
ところが、あなたのあの息子が、娼婦どもと一緒にあなたの身上を食いつぶして帰って来ると、肥えた子牛を屠っておやりになる。』
すると、父親は言った。
『子よ、お前はいつもわたしと一緒にいる。わたしのものは全部お前のものだ。
だが、お前のあの弟は死んでいたのに生き返った。いなくなっていたのに見つかったのだ。
祝宴を開いて楽しみ喜ぶのは当たり前ではないか。』」


いかがでしたか?以上が「『放蕩息子』のたとえ」です。
これを読むと様々な感想を持つ人がいます。
「弟がずるい。」、「兄が可哀想。」、「父が理不尽。」、「父が優し過ぎる。」などなど。
また、この話では父が弟の帰りを待ちわび、見つけると喜び駆け寄る様が目に浮かぶ、素晴らしい物語です。


さて、たとえ話の内容についてです。
まず、お父さんは息子に財産を分け与えます(時代的に等分ではありませんが重要ではないです)。
弟はそれを無駄に使い、穢れた動物とされた豚の世話をするが、ご飯も食べれない状態になります。

しかしふと我に返り、謙虚にお父さんに謝ろうと思います。
しかしお父さんはそんなことは関係なく慈悲深い心で向かい入れてくださいます。
それに対して兄が怒る。
という流れですね。

私が一般的だと思う解釈を書きます。
例のごとく、お父さんは神様のことで、息子は私達人間です。
具体的に、
弟は神様から離れている人を指しています。
兄は形だけ神に従っている人のことです。
神様は一度離れた人間も、改心して戻ってくると深い愛を持って向かい入れてくださるのです。


皆さんさすがにご存知だと思いますが、「旧約聖書」の『出エジプト記』においてイスラエルの民は律法を聞き契約し、
モーセはシナイ山で石板に書かれた十戒を授かるが、(律法は十戒以外にもあります。)
山を降りるとイスラエルの民は「黄金の牛」の像を崇拝していたのです。
怒り狂う神をなだめたモーセも怒りのあまり石板を叩き割ってしまいます。
しかし、民衆は罪を認め悔やみ、モーセが再び山に登ると、
神様は罪をお許しになるだけでなく、契約を更新されたのです。
神は本当に憐れみ深いお方です。


ところでモーセと言えば、かの有名なミケランジェロのモーセの彫刻を思い出しますね。
そして、ミケランジェロのモーセ像と言えば、フロイトのミケランジェロ論を思い出します。
モーセ像を、時間を超越した象徴的な「性格像」ではなく、物語のある筋道に対応するような「歴史像」と見ます。
(もちろんそのように見る理由はあります。)
そこから、石板を叩き割るのではなく、怒りと共に脇から滑り落ちそうになった石板を守るために激怒を抑えている場面だと考えるのです。
実に”genius”だと思いませんか。この発想は本当に素晴らしいと思います。
なおこれに関して詳しくは、京都大学大学院人間・環境学研究科共生人間学専攻人間科学系思想文化論講座創造行為論分野の
岡田温司教授の著作で読売文学賞を受賞している『フロイトのイタリア』(株式会社平凡社)をご覧ください。
京都大学と言えばユング心理学なのに、フロイトなんかい!と思うかもしれませんが、
(京都大学は、哲学と言えば西田哲学、心理学と言えばユング心理学になります。)
お時間のある方は一度お手に取られてはいかがでしょうか(生徒はもちろん社員の方も)。
もしまた書く機会があれば、フロイトのレオナルド論(「レオナルド・ダ・ヴィンチの幼年期のある思い出」(1910))
ミケランジェロ論(「ミケランジェロのモーセ像」(1914))についても書きたいと思いますが、
本を読んでもらった方が正確ですし、分かりやすいと思います。。。


さて、いつもの悪い癖で話が脱線しましたが話を戻します。
弟はこのようなイスラエルの民にも重ね合わされます。
また、兄は(形の上で)厳格に律法を守る(だけの)律法学者やファリサイ派の人々のことを言っているように思います。

弟は一度神への信仰を失いましたが、我に返り、改心し神のもとへ帰ってきます。
一度離れて行ったとしても、神は戻ってくるのは今かと待っておられ、
近づいてくると手を差し伸べ引き寄せてくださいます。

兄はすでに財産が分け与えられているのに、
神に対して奉仕することでさらなる対価を得ようとします。
神は仕える対象だという誤った考え方と言えるでしょう。

そういう兄に対して神は
「子よ、お前はいつもわたしと一緒にいる。わたしのものは全部お前のものだ。」
とおっしゃり、すでに神の愛にあずかっていると諭しているのです。


どうでしょう、何か感じましたか?いつもの通り別に何も思わなくてもかまいません。
なんだか、改心してキリスト教を信じれば救われるぞ!と言ってるような内容になってしまいましたが、
そんなつもりはないので堪忍です。
温かみのあるストーリーで、印象にも残りやすいと思います。
有名なたとえ話なので頭の片隅に置いといたらいいかもしれません。

英語教育に関するお話

担任助手の真木です。

フランス語ラテン語のことわざ的なのを紹介しましたが、今回は英語

日本の英語教育について思うことをちょいと?書きます。

日本では英語教育に力を入れようとしています。
小学生から英語をやるとかなんとか。

私はそれがそんなに良いアイデアだとは思いません。
質問を受けていて思うのは、英語ができない原因が日本語ができないということです。
丁寧に言えば、日本語を使って概念的な内容について考えられるような頭が育っていないということです。
もっと簡単な文ですら理解できない方もいますが。

確かに、センター英語程度レベルの長文であれば日本語にいちいち訳さずとも理解できますし、
一般会話のレベルでも問題ないでしょう。
むしろ、その点については早く始めることで得られるメリットはあるでしょう。

しかし、それよりもしっかり日本語で考えさせるということを大事にした方がいいと思います。
日本語よりも論理関係のしっかりした文の書き方をする英語に対して、
この見たことがない単語があるから分からない、などという言い訳は多くの場合成り立ちません。
頭の使い方がなっていないから理解できていないのです。
英語ができない理由を母国語じゃないからとして正当化したがる人はいますが、そうではありません。
あなたがたは日本語ができていないのです。
受験生はもう時間がないので小細工で受かりに行くしかないかもしれませんが、
1・2年生はまだ時間があります。漫画や現代小説もいいですが、
たまには岩波文庫講談社学術文庫を手に取ってみてはいかがでしょうか。

英語は日本語と論理関係が違うから、早くから慣れさせた方が良いというかもしれませんが、
日本語もろくにできないのに英語の論理関係に慣れて分かるようになるとも思えません。

あと、英単語第一主義みたいなものもあり、やたらと難しい英単語を覚えたがる人もいます。
もちろんある程度の単語は覚えるのが基本ですが、
難しい英単語を覚えるより、簡単な短い英単語を辞書を引いて調べることをしてほしいと思います。
(take, as などのことです。)

 

さてさて、他にも日本の英語について疑問があるところがあります。
法(mood)の教え方が雑だというところです。
基本的に現在、直説法・仮定法・命令法があることはご存知だと思います。
しかしそもそも、「仮定法」という言葉自体に問題があると思います。
皆さんもこれ仮定してないやん?みたいな例文(I demanded that you go there.)に出くわしたことがあるでしょう。

まず用語として、
Mood…法
Modal…法助動詞
Modality…法性、心的態度
があります。
話者の気持ちに関する用語だと思ってください。
法助動詞は、いわゆる助動詞で話者の気持ちを説明するという意味で「法」とついています。

また他の言語には
直説法: indicative mood
接続法: subjunctive mood
(希求法: optative mood)
命令法: imperative mood
条件法: conditional mood
があります。

「仮定法」という言葉ではなく「接続法」という言葉を使った方が良かったかもしれないと思います。
接続法とは雑に言えば従属節に出てくる法です。
直説法は「叙実法」、命令法は「叙意法」、仮定法・接続法は「叙想法」とも訳します。

また、今時「仮定法未来」などと書いているものは少ないと思いますが、これも良くない用語です。
もともと、仮定法過去・過去完了を動詞の形態で名付けたのに、これは意味で名付けているからです。
意味でつけると問題ある例として他には、仮定法は時制の一致を受けないので意味と形態がずれてきます。


さて、”If I were a bird, I would fly to you.”
とあった場合に、前半を条件節、後半を帰結節と呼ばれています。
ただ、純粋に仮定法・接続法と言えるのは条件節の方だけです。
それは、条件節は動詞自体が屈折変化を起こしており、帰結節は法助動詞の迂言系であるからです。
(参考:「立命館言語文化研究18巻4号」野村忠央先生の『英語教育における仮定法教育の問題点』pp.82-83)
フランス語はやや異なりますが、イタリア語を参考にすれば、
条件節が接続法帰結節が条件法と言えます。
なお、直説法は事実を述べるとき条件法は事実に反することを述べるとき接続法は事実かどうかは別で頭のイメージを述べるときに用います。

頭のイメージ(条件)を従属節で述べ、接続法で事実と違うこと(反実仮想)を述べているのです。


叙述内容の真偽又は成立に対し中立的な条件を「開放条件」と呼び、叙述内容が非現実的な条件を「却下条件」と呼びます。
(参考: 「立命館言語文化研究18巻4号」野村忠央先生の『英語教育における仮定法教育の問題点』p.84)
もっと詳しく分けることもできるのですが、簡単のためこの2つとします。
仮想条件(事実と違う)と反事実的条件(実現可能性の低い仮定)が却下条件に入り、仮定法・接続法で表します。
開放条件は直説法で表します。

現実世界の可能性で法を選ぶかと思うかもしれませんが、話者のとらえ方が重要になってきます。
たとえば、「第三次世界大戦が起こったら、あなたはどうしますか?」は
起こらないと思っていれば、
“If World War Ⅲ broke out, what would you do?”
になりますが、
まず怒らないと思っているが、万が一を想定する場合、
“If World War Ⅲ should breke out, what would you do?”
となり、
起きる可能性が十分にあると思っていれば、
“If World War Ⅲ breaks out, what will you do?”
となるのです。
(参考:「立命館言語文化研究18巻4号」野村忠央先生の『英語教育における仮定法教育の問題点』pp.82-83)

仮定法過去はリアリティから遠いことを表します。そのために過去形を使っているのです。


It is high time he went to bed.
仮定してないのに仮定法過去と習い戸惑うものの一つですが、頭のイメージを表す接続法過去です。
接続法現在がくることもあります。”that”は普通省略されます。
I wish I were a bird.
これも仮定法過去と習い”was”じゃない理由は教えられませんが、接続法だということを表す動詞の形なのです。
しかし、口語では”was”も多いです。
He demanded that she go to ~.
提案・要求・主義・主張の動詞の後は”should”を省略して現在形・一人称にするという訳のわからない理屈を教えられますが、一般的には頭のイメージを表す接続法現在です。(※)
イギリス英語では”should”を用います。
God bless you.
接続法現在です。従属節ではないので接続法という訳語は正確ではないですが叙想法と言えば近くなりますね。
May the force be with you!(フォースのご加護あらんことを。)という有名なセリフもあります。

(※)仮定法(接続法)現在節は常に動詞が原形否定は”not + V”の語順法助動詞や”do”も起こらない、という特徴があります。(口語では異なります。)
3つ目の例文はでは命令的接続法として説明されますが、不可視的な法助動詞が存在していると考える人もいます。
少なくとも”should”の省略ではないと考えられます。
同じ仮定法現在の祈願文に”should”は入れれないし、そもそも”shall”の場合も存在するので”should”に限定するのは謎。
日本国憲法の英文版でも”shall”が出てきます。
イギリス英語は”should”でそれが抜け落ちたと考えていたかもしれませんが、シェイクスピアや欽定英訳聖書を見ると”should”なしで書かれています。
またアメリカ人にとっては、”should”があってもなくても良いのではなく、あるとおかしいと感じます。
“should”には「べきだ」という義務・当為の意味はほとんどの場合なく感情の”should”と呼ばれるものとも異なるものです。
仮定法現在はアメリカでは一般的だがイギリスでは形式的な文体になり、”should”はイギリスでは一般的だがアメリカでは堅苦しく感じます。
しかし、イギリスでも仮定法現在の使用が増えてきているのは事実です。
詳しいことを知りたい方は、「立命館言語文化研究18巻4号」の野村忠央先生の『英語教育における仮定法教育の問題点』を読んでください。
(参考:「立命館言語文化研究18巻4号」野村忠央先生の『英語教育における仮定法教育の問題点』pp.82-83)


仮定法過去が直説法の過去形と一致するのは
ドイツ語で接続法Ⅰ式・Ⅱ式、フランス語で接続法現在・半過去と呼ばれるものが、
英語では簡単のために一致するようにしているのです。
ドイツ語文法の言葉を借りるとして、
“go”の接続法Ⅰ式は単複全て”go”、接続法Ⅱ式は単複全て”went”になっているのです。
“be”の接続法Ⅰ式は単複全て”be”、接続法Ⅱ式は単複全て”were”になっているのです。


たぶんいまいち伝わっていないと思いますが、大学で第二外国語を取れば分かるかもしれません。
ちなみに、私は中国語選択なので全く関係ありません。

 

ここからは余談です。
現代英語を学んでいるので構わないのですが、
古英語には、名詞には主格・与格・対格・属格(・呼格)と呼ばれる格があり格変化をしていたのです。
現在は、主格・目的格・所有格で代名詞を除いて変化はなくなり、前置詞が使われます。
今でも格変化というおぞましい文法がある言語はあります。
格をわかりやすくするために名詞の語尾を変化させるものです。

ちなみに副詞的対格なんて考え方があり、”home”や”every day”などのことです。
内的対格とかいう一瞬訳のわからない専門用語もあったりします。
簡単に言えば動詞にふくまれる意味を対格に持ってくる、重言的なものです。
“And weep afresh love’s long since cancelled woe”の”weep”と”woe”の関係を見てもらえば分かってもらえるかと思います。
なおシェイクスピアのSonnet30の一節です。

ちなみに男性名詞・女性名詞・中性名詞というこれまたおぞましい文法がある言語もあります。
名詞の性に合わせて付く冠詞が変わったりするものです。
ちなみに、英語でも代名詞で受ける場合”he”か”she”かが基本的に決まってるものもありますが、
絶対じゃなかったり、”it”にしとけば耐えみたいなものです。

ドイツ語は4つ格変化や男性・女性・中性の3つ性があります。
フランス語には格変化はなく、男性・女性の2つ性があります。
ラテン語は最大7つ格変化、男性・女性・中性の3つの性があります。
ラテン語はさらに語順が自由過ぎる、動詞の考え方は英語と大差ないが活用が腹立つなどなど。

 

さて、英語についてのおまけ。
皆さんは、”I”, “you”, “he”, “she”, “we”, “they” という人称代名詞はご存知でしょうが、
“thou”という人称代名詞をご存知ですか?二人称単数なのですが古い文や詩に出てきます。
親称二人称と呼ばれ、「なんじ」と訳したりします。
なお、”you”は敬称二人称と呼ばれます。
thou – thy – thee という格変化をします。
動詞は語尾変化をし、”-st”,”-est”が付きます。
助動詞も語尾変化します。
(e.g.)
drink → drinkest
shall → shalt
wii → wilt
are → art
were → wert


最後にシェイクスピアのSonnet(14行詩)18番(一番有名なのが18番だと思います、たぶん。)をどうぞ。
Shall I compare thee to a summer’s day?
Thou art more lovely and more temperate:
Rough winds do shake the darling buds of May,
And summer’s lease hath all too short a date:
Sometime too hot the eye of heaven shines,
And often is his gold complexion dimmed,
And every fair from fair sometime declines,
By chance, or nature’s changing course untrimmed:
But thy eternal summer shall not fade,
Nor lose possession of that fair thou ow’st,
Nor shall death brag thou wand’rest in his shade,
When in eternal lines to time thou grow’st,
  So long as men can breathe or eyes can see,
  So long lives this, and this gives life to thee.

(私のつたない直訳)
きみを夏の一日にたとえようか。
きみはもっと美しく、もっと基質も穏やかだ。
荒々しい風が五月のいとおしい花のつぼみをゆさぶり、
夏という期間はあっという間に終わってしまう。
太陽は時に暑すぎるが、
その黄金の容貌が雲に隠れることもある。
美しいものはすべていつか衰える。
偶然や自然の変移がはぎとってしまう。
しかし、君の永遠の夏はあせることはなく、
きみが持っている美しさを失うことはなく、
死神がきみが自分の影のなかを歩いていると自慢することもない。
きみが私の不滅の死の中で時と一つになれば。
 人が息をし、目が見える限り、
 この詩は生き、そしてこの詩がきみに命を与える。

 

*************************************************************

<参考文献>
「立命館言語文化研究18巻4号」pp.79-94野村忠央先生の『英語教育における仮定法教育の問題点』

1 / 5012345...102030...最後 »
東進衛星予備校への資料請求・お問い合わせメールは24時間受付中。