東進衛星予備校 阪急梅田駅前校

2017.12.11(mon) センターにむけてやるべきこと!!

こんにちは!担任助手の橋本です。

センター試験まで残り32日、、、そろそろ一気に焦りが出てくるころかもしれませんね。

このブログを見てくれているあなたにセンターの点数を上げるための秘訣をいくつかお教えしましょう。

①自分の不得意分野を重点的につぶしていく。

単純に、得点率90%を95%に上げるよりも、60%を65%に上げる方が労力が少なくて済みますよね。

まずは自分の得意分野と不得意分野を把握することから始めてみてください。

②思い切って基礎の基礎に立ち返る

残された時間もそうない中で、点数が伸び悩む、、、

そんな時は時間を少々割いてでも基礎に立ち返ってみましょう。このような場合は意外にわからない分野が発掘できたりすることも多いですよ。

③とにかく演習

センターは本当に絶対的な演習量がモノを言います。残り32日は演習の鬼と化してください!

 

いかがでしょうか。

残り32日、悔いのないように全力投球してください!!

2017.12.09(Sat.)  褒めて、褒めて

はい、小野寺です。

こんにちは。

先日、部活でギター講師を始めました。

そんなに上手いわけではないのですが、部員からの熱い支持もあり(歓喜)、少し頑張ってみようかと思います。

譜面を作ったり音源を打ち込んでみたり、もちろんそもそもの練習をしたり、新しいことはやはりウキウキしますね。

さて、いよいよセンター試験まで30日弱となってきましたね。

もうあっという間です。

この時期のモチベーションは二手に分かれそうですね。

「直前だからこそ最後まで」と頑張れるタイプ。

「直前だからもう無理そう」と諦めそうなタイプ。

前者は言うまでもなく、頑張ってくれたらいいと思います。

辛いのは後者の方ですよね。

僕はどちらかといえば前者だったのかと思いたいですが、自分の後ろを振り合えれば現実が見えてしまい、後者に近かったと思います。

心はこんな時折れる寸前ですよね。

しかし、やはりやるしかあなたに道は残っていないのです。

もちろん、「わかっててもできないんだよ!」という声が多いのは分かっています。

ですが、思い悩んでももっとマイナスへマイナスへ引っ張られていくものなんですよ。

もっと状況が悪くなる。

ならばちょっと一呼吸おいて、良ければ暖かい飲み物でも飲みながら、自分を褒めてあげて下さい。

簡単なことでいいです、勉強以外でも構いません。

ここで重要なのは自分で自分を褒めること。

他人から褒めてもらうことも嬉しいですが、どこか疑ってしまうのがこんな人たちの特徴です。

だから、自分で見つけて自分で褒めて下さい。

きっとあなたはやってきたことがあるはずです。

やってきていない人が思い詰めることなんてないですから。

1人でダメなら担任助手を、頼ってください。

気付けるように引き出してあげますから。

 

まずは自分を褒めてあげることが、思い悩んでいる時の最善の解決方法だと私は思います。

是非この時期は自分を褒めながら勉強を進めてみてください。

では。

 

 

 

 

 

2017.12.07(Thu.) バタフライエフェクト

 

バタフライエフェクト

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ブラジルで蝶が羽ばたくと、テキサスでトルネードが起こるっていうあれです。

 

近いものでいうと風が吹けば桶屋が儲かるですね。

一応書いておくと

風が吹く

→砂が舞う

→砂が目に入ったせいで失明する人が増える

→失明した人は三味線を弾いて生計を立てるしかない

→三味線の需要が増す

→三味線の材料となる猫が大量に狩られる

→猫が減ったせいでネズミが増える

→増えたネズミは桶をかじる

→桶屋が儲かる

というものです。

 

この二つの言葉が言わんとしていることはどちらも同じ。

ほんの些細なことが大きな結果や思わぬ影響を生むということ。

 

これって勉強にも通じるものがあると僕は思うんです。

あ、いきなり ”僕”って言っても誰やねんって感じですよね。山崎です、どうも。

そう、勉強にも通じるんです。

 

昨日覚えた英単語ひとつが、

今日解いた数学の小問ひとつが

明日受けるであろう授業のひとつが、

もしかしたら入試に出るかもしれない。それが合格を分けるかもしれない。

 

僕の個人的な経験上、こういうことってほんとによくあるんですよ。

みなさんも定期考査などで、試験の始まる直前に見直した項目や問題がそのまま出た!

みたいな経験をしたことが少なからずあるでしょう。

 

入試でもおなじです。

今日何の気なしに解いている問題がもしかしたら入試にでるかもしれない。

そう考えると一日一日が、そして一問一問が大事に思えてきますよね?

 

 

 

 

 

2017.12.05(Tue) You は何しに大学へ?

皆さんこんにちは!東京寒すぎてちょっと風邪気味担任助手の門田です!

皆さんは夜行バスというものにライドしたことはありますか?

新幹線や飛行機よりも比較的安いため、大学生御用達の乗り物なのですが、

なんせ体が痛くなるんですね。あさーーい眠りで何時間も揺られて…。

次の日に体に痛みが襲ってきますね…。

 

そんなおじいちゃんトークはさておき!

皆さんは大学受験を控えているわけですが、

なんのために大学に行くのか。は決まっているでしょうか?

なんとなく行く…ではモチベーションがなかなか続かないはず…。

学びたい学問のため、その地域に行きたいから、将来のため、夢を見つけるため…などなど

様々な思いがあって大学に行こうと思っているはずです!

 

センター試験や本番の入試が近づいてきて不安になっている人は、

今一度何のために大学に行くのか思い返し、絶対合格するんだ!とやる気へのバネにしてください!

 

大学ってどんなところかまだまだつかみきれていない人は是非とも!

我々、担任助手に一言!ご相談ください。大学の生の声、お聞かせいたしましょう!!

 

 

2017.12.03(sun) goodbye 2017年

どうも、こんにちは、担任助手の窪です~!

11月の末から、3泊4日で沖縄の石垣島に行ってまいりました!!!!!

この時期には珍しく、なんと気温が28度越え!とても暑かったんです!

楽しさと引き換えに、気温差で速攻風邪をひきましたが、、、(笑)

そんなこんなで、もう12月ですね。早すぎますね。2017年が終わってしまう…。

みなさんにとって、今年はどんな年でしたか?

私はにとって2017年は ”人生を決めた年” でした。

教員を目指すことを決め、高校3年生のときぶりに真剣に勉強をし、春から先生になることが決まり…..

振り返ると、怒涛の日々だったなぁとしみじみ思います(笑)

今、受験生のみなさんも、大学生になり振り返ってみると

「あの時はめちゃくちゃ勉強したなぁ~」と必ず思い出すと思います。

気づけばもう、センター試験まで残り41日です。

ここの最後の詰め方で、十分に結果は変わってきます。

「今更、何やっても同じや….」などと諦めるのはまっだまだ早いですよ!!!!!!!!!!!!!!!

1分1秒も無駄にせず、試験が終わって「やりきった!」と思えるように、今、できる限りの努力をしましょう!

次回、窪がブログを書くのはきっと来年かな?? では、また2018年に! Goodbye!

2017.12.01(fri) 最近の出来事!

こんにちは!今日からもう12月、センター試験まで残り50日さえきってしまいました、、。

風邪などはひいていませんでしょうか?

今年のインフルエンザは時期が早めに流行しているらしいことに加えて、ワクチンが足りていないそう、、。

皆様早めに予防してくださいね☺

 

さて、本日は私が最近大学で学んでいることや、出来事について話そうと思います!

現在、私の所属する学部では、4年次にある国家試験の、まずは受験資格の取得にむけての、実習があり、その実習に向けての、事前準備を行っています。

文字に起こすだけでも段階が多くてややこしいですが、、、(笑)

私が取得に向けて目指している国家資格は2種類ありまして、社会福祉士というものと、精神保健福祉士というものになります。おそらく聞いたことのない人の方が多いのでは?

ということで二つの資格をもっている場合の仕事を簡単に説明すると、どちらにも共通する部分は、生活に少しでも生きづらさを感じている人の、相談援助や手助けを行うことが主です。

上の説明のように、本当に様々な分野で活躍する社会福祉士や精神福祉士がいます!気になる方は是非検索してみてください。

と簡単な説明を踏まえましたが、来年の夏、、ついに私にも24日間の実習が迫っています( ノД`)緊張しますね。

そしてつい昨日、その実習先がほぼ確定したのです。私は障害分野の実習先に決まりました!

これから事前準備などで忙しくなりそうな予感がしています。(笑)

さて、私もそうだったように、大学では、学部にもよりますが、ある程度将来の進路が明確に狭くなってきます。

高1、高2で志望校を決めている途中の皆さんや、まだ学部や大学を迷っているみなさん、オープンキャンパスを待つだけではなく、積極的に調べてみてください!

梅田校にもさまざまな文系から理系まで、さまざまな学部に通う担任助手がいます!気になることがあれば担任助手に聞いてみるのも一つの手です!

是非活用してくださいね、校舎で待っています!☺

 

以上、担任助手の河村でした!

 

2017.11.29(Wed) いい肉の日

こんにちは、担任助手の馬場です!

今日は年に一度の「いい肉の日」ですね

皆さんが好きなのは鶏肉、豚肉、牛肉の3択でしょうが、農学部では自分も周りも食に対して好奇心旺盛なおかげか

大学に入ってから色んな種類の肉を食べるようになりました。

 

フランス料理でよく見る鴨やウサギ、ジンギスカンがおなじみの羊、

中華料理のカエル、缶詰でたまに売っているワニ、熊本名物の馬…

 

中でもよく目にするのが、農村では害獣として有名な鹿と猪です。

最近ジビエが流行したり、加工技術が進歩したりして食べられる機会が多くなってきました。

 

猪は若干臭みがあることもありますが、鹿は加工してすぐに食べなければならないので

臭みもなくおいしいです: )

 

みなさんも大学で新しいものに出会ったら、怖がらずどんどん挑戦してみてくださいね!

(ちなみに火はよく通して食べましょう。)

2017.11.27(Mon) 無限の可能性

こんにちは。担任助手の槇塚です!

いつもは受験生に向けての話をよくしている気がしますが、今日は高2以下の子に向けての話をしたいと思います。

まだこの時期ではやる気になれない高1、高2生も多いのではないでしょうか。

でも考えてみてください。高3生なんかほっといてもみんな勉強します。なので、高1、高2の間の努力量が実際の合否にかなり関係すると僕は思っています。正直今の時期なら可能性しかないです。

僕も高2の秋に東進に入学して本格的にがんばり始めましたが、この時期に入って本当に良かったと思います。

そうはいっても、勉強する気が起きない人には、2日前の勝本さんのブログも是非一度読んでいただきたいです。勉強を楽しもう的なことが書いています。

勉強する内容に興味を持つことができれば、勉強する気にもなりますし、勉強中の効率も高まるはずです!

僕自身も、この前の土曜に一人で国宝展や東福寺に行ってニヤニヤするレベルで昔から日本史好きで、実際日本史の勉強は楽しみでした(それでなんで京大農学部やねんとn回言われていますが、ちゃんと物理や化学も好きです)。

今のうちから本格的に取り組んで、ライバルに差をつけていきましょう!

これを読んでやる気になった東進生以外の子も、ぜひ一度東進衛星予備校阪急梅田駅前校に来てみてください!

2017.11.25(sat.) 勉強を楽しむ!

いよいよ12月が近づいてきましたね。師走ですね。あれ、師走?師走ってどういう意味だっけ?調べみたら説が3つほどあるらしいです。1つ目は「師が走る説」師=先生やお坊さんが走るほど忙しい時期という説。2つ目は「し・果す説」し=仕事や年が終わるという説。3つ目は「当て字説」もともと12月をしはすと読んでおり、それに当て字したという説。調べてみると他にもたくさん説がありそうです。気になる人は勉強の隙間時間に調べてみてください。

はい、というわけで、担任助手の勝本です。

前置きが少し長くなってしまいましたが、今から本題に入っていきたいと思います。

みなさん、勉強することは楽しいですか?

好奇心をもって日々、勉強しているでしょうか?

大学受験は過程です。大学に合格し、将来の夢を叶えるための過程でしかありません。

過程は苦しく、つらいものだ。仕方がないなんて考えてませんか?

それは間違いです。過程を楽しむかどうかは自分次第です。

じゃあ、どうすれば楽しめるのか。

その科目を勉強する目的を受験勉強以外にも持ってみることです。

例えば、大学に入っても継続してその科目に関連することを学ぶのならば、その科目に対する学習意欲は絶えないと思います。

他にも、僕の場合は日本史の文化史が嫌いだったのですが、「京都の大学に合格して京都観光したんねん」という目標を定めました。そうすると京都の文化を深く知りたくなり、文化史を楽しんで学べるようになりました。

 

理由や楽しむ方法は様々です。

自分なりの楽しむ方法を見つけて、受験勉強をつまらないものから楽しいものに変えてみませんか?

受験生はラストスパートを、高1・2生はスタートダッシュを勉強を楽しみながら走り抜けましょう。

以上、担任助手の勝本でした。

 

11月23日(Thu.)冬

どうもこんにちは、担任助手の中村です。

もう11月も終わりそうですね。受験生の皆さんはセンターまでの残り日数、明日で50日を切りますね。

残された時間を少ないと取るか、まだ余裕があるととるかはみなさん一人一人違うと思いますが、これまでやってきたことを信じて最後まで気を抜かずに頑張りましょう!

 

さて本日は、有名大・難関大本番レベル模試でした!受験したみなさま、お疲れ様でした。

模試が続くこの時期、結果に感情が大きく左右されることもありますが、模試は何といっても練習でしかないので、本番でベストが出せるよう、いまどうしたらいいのかを考えて行動に移すことが大切だと思います!

結果が良くても悪くても、影響を受けすぎるなってことです。ここまできたらやってやるしかないですもんね。

 

ここで、突然ですが、中村の母が最近仮免を取得いたしました。

母はずっと免許を持っていませんでしたが、数か月前のある日、「免許ほしい。」と言いだしました。

なにも言わずに見守っていると、いつの間にか教習所に通いだし、ついに先日、仮免をゲットしていました。本当に母の行動力は昔から尊敬しています。

しかし、私はふと思いました。母の職場は自宅から徒歩圏内です。車、乗らないと思います、絶対。

 

なにはともあれ、私もやりたいと思ったことをすぐ行動に移せる大人になりたいと思います。

やりたいことは、なんでもやったほうが得だと思います。みなさんもなんでも行動に移しちゃいましょう!

 

なんだかよく分からなくなりましたが、終わりです。

 

 

担任助手 中村

1 / 11412345...102030...最後 »
東進衛星予備校への資料請求・お問い合わせメールは24時間受付中。